エントリー

2015年07月の記事は以下のとおりです。

斑入りヤツデの植え替え

  • 2015/07/28

96.JPG

 梅雨も明け、毎日暑い日が続いています。

 今年も冷蔵庫で冷えたリポビタンが、メンバーの帰りを待つ時期となりました。

 時間があれば、主人も畑の水かけをしたり、置き場の片付をしたりと、汗びっしょりになっています。

  今日は、斑入りヤツデの植え替えをする主人の後ろ姿をパチリ!

 斑入りヤツデは、最近ガーデニングによく植えますが、いざ必要な時に手頃な大きさの物がなかなか手に入らないので、自分で大きくするようです。

写真の日除け付きの麦わら帽子は主人のトレードマークです!(日除けの布は88歳の母が息子の為に汚れたら洗って付け替えてくれています)

 

桜の剪定

  • 2015/07/06

95.JPG

 「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」ということわざがあります。

 これは、庭木の剪定方法をいったことばで、桜の枝は切らずにおくのがよく、梅の枝は切るのがよいということです。このことわざにならい、昔から多くの人は家の庭の桜を剪定することはほとんどありませんでした。

写真は、事務所裏の治兵衛桜ですが、去年に引き続き今年も枝の剪定をしました。夏に向かってかなり葉が茂り、桜の枝が重たそうに見えていました。この日は現場が中途半端な時間に終了した為、今年は3人がかりで剪定しています。

 私は3年に1回は桜の枝の剪定を行った方が良いと考えています。枝の剪定を行うことで幹に日光が当たるようになったり、全体の風通しが良くなることで、害虫・病気を抑制する効果があります。また、定期的にメンテナンスをしていると、枝が大きくなり過ぎることがないので、枝を剪定しても木に大きなダメージを与えずに樹形を整えることができます。

 最近は桜の花がブームのようですが、花だけではなく樹形を整え維持していくことも大切なのではないでしょうか。

 追伸:少し大きな枝を切った時には、切り口から菌が入って腐ることを防ぐために、必ずペースト状の殺菌剤を切り口に塗布することを忘れずに!

(以上主人の意見です)

夕焼け

  • 2015/07/02

94.JPG

午後7時過ぎ

 

「ママ、きれいな夕焼けやから空見てー」 と、週1回お茶のお稽古に出かける主人の声。

 

晩御飯の後、テレビを見ながらの大好きなぐうたらを我慢して今夜は主人の修行の日です。

 

でも、外に出てこんな綺麗な夕焼けを見る事ができました。

 

「パパ、ちょっと待って!」

 

 頑張ってお稽古に行くパパの姿をこの綺麗な夕焼けと一緒にパチリ!

 

久しぶりに綺麗な夕焼けを見て、私の心も綺麗に染まりました・・・

(実際の夕焼けは、写真よりもっと濃いオレンジでした)

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

つるバラフェンス
2018/05/28 16:16
夏の花壇植栽
2018/05/24 18:03
低木・宿根草の植栽
2018/05/07 12:54
現場最終
2018/05/02 18:03
低木、宿根草の植栽
2018/04/19 18:21

新着コメント

Re:3月19日の百滝桜です
2018/03/22 from 権限がありません
Re:3月15日開花宣言
2018/03/18 from 権限がありません
Re:2018年の百滝桜です
2018/03/12 from ともじ
Re:2013年 百滝桜情報
2017/04/30 from 権限がありません
Re:2013年 百滝桜情報
2017/04/27 from 権限がありません

Feed