エントリー

2016年02月の記事は以下のとおりです。

ひな祭り

  • 2016/02/23

111.JPG

今年は、主人のお茶道具の立礼棚を玄関入り口に置いてある為、我が家のお内裏様とお雛様にはどちらへお座り頂こうか悩んだ末、やっぱりいつもの玄関に決めました!

 写真のお内裏様の右上から垂れ下がっている餅花がひな飾りにマッチしてなかなか良い感じだと思っています。

 この餅花はお正月用に娘が初めてながこさん(治兵衛の素敵なイラストを描いてもらってます)と一緒に作ったものです。とっても上手に作ってくれたので、お正月が終わってすぐに捨てるのは勿体ないと思っていたら、「ひな祭り迄飾って、ひなあられにするらしいよ」と教えてくれました。

調べると、飛騨高山の文化伝統の風習で、次のようにありました。

 『お正月が終わる頃、花餅の紅白のもちは、次第にぽろぽろと落ち始めます。その落ちたもちを集めて3月のお雛祭りの頃迄保存しておきます。そして、集めた紅白の餅を、油でカラッと揚げると、雛あられのようになります。残った木は、細かく切って自然に返します。』

  本当に昔から伝わる文化伝統の風習は、現在人の私達はもっともっと学んで楽しみながら残していきたいものだと思います。

 

冬の薬剤散布

  • 2016/02/05

110.JPG

  今年も2月3日から冬の薬剤散布が始まりました! 

虫が発生していない冬に薬剤散布は必要ないのではと思われがちですが、冬にはキカイ油乳剤(マシン油乳剤)を散布します。特長は、カイガラムシ、ダニ類をはじめ越冬害虫防除に有効です。又、果樹ハダニにも優れた防除効果があります。この薬は冬にしか散布できないので、春・秋の殺虫剤散布よりも大切だと言えます。

事務所では、15コースある中から3コース分の予定日を決めて、お客様へ連絡していますが、雨の場合の予備日も決めておくので、日にちが重複しないように気を付けます。雨が降らずに予定通りに終了して帰ってきてくれたらホッとして赤線でそのコースを消します。

今年は、先日の寒波以外はやっぱり暖かい冬なので、雪や風の心配もなく順調に進みそうです。 

今日のコースは、最後に治兵衛の事務所のお隣さん(設計事務所)でしたので散布している谷口君の姿を撮影しました。

勢いよくノズルから薬が飛び出すので、かなり高い樹木でも十分に散布でき、あっという間にすべての樹木に散布し終わりました。

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

窓から見える木
2018/11/07 11:36
治兵衛のお庭リニューアル進捗
2018/09/26 11:40
お月見
2018/09/25 09:23
台風21号
2018/09/17 10:54
石積み工事とハナミズキ
2018/08/25 11:10

新着コメント

Re:治兵衛のお庭リニューアル進捗
2018/10/15 from 権限がありません
Re:治兵衛のお庭リニューアル進捗
2018/08/24 from 権限がありません
Re:治兵衛のお庭リニューアル進捗
2018/08/15 from 権限がありません
Re:治兵衛のお庭リニューアル進捗
2018/08/11 from 権限がありません
Re:治兵衛のお庭リニューアル
2018/07/11 from 半田茂富

Feed