top of page

​▷育てる場所

日当たりと水はけ、風通しの良い場所を好みます。

​▷土・肥料など

肥料は控えめに&「リン酸」が含まれていないものを!これは、オーストラリアの土にはほとんどリン酸が含まれておらず、グレビレアはそんな土壌でも育つよう進化しているためです。

​▷お手入れ

花が咲き終わった後に、混みあったりのびすぎた枝を切り全体を整えます。

​▷水やり

過湿を嫌う一方、水切れで枯れやすい植物です。特に、夏の暑い時期は水切れを起こしやすいので、たっぷり水を与えてあげてください。水切れさせると大きなダメージを受けます。夏は表土が乾いたらすぐに、冬は乾いて2~3日後に水やりをします。

bottom of page