top of page

​▷育てる場所

日当たりのよい明るく、風通しの良い場所で管理します。
夏の直射日光は葉焼けの原因になるので注意しましょう。
​冬の間でも10℃以上をキープできる環境で管理します。

​▷土・肥料など

基本的に追肥は必要ありません。

​▷お手入れ

特に剪定の必要はありません。

​▷水やり

ビカクシダ.jpg

普段の水やりは、霧吹きで葉っぱや水苔部分を湿らる程度でOK。霧吹きのタイミングは、水苔の部分を触ってみて乾いてきたなと感じた頃です。水のやりすぎは根腐れの原因となり、枯れてしまいますので注意が必要です。
冬の間は休眠します。貯水葉が茶色くなるものの、胞子葉は緑色のままで成長がみられない、というのが休眠のサインです。
休眠中は水やりを控え、乾かし気味に管理します。

bottom of page