Jiheeの庭のカツラの木にたくさんの蝉の抜け殻がありました!

子どもたちは不思議そうに眺めています。

蝉は、枯れた枝や樹皮などに穴をあけて卵を産み付けます。卵のまま冬を越し、翌年の6月ごろ、梅雨の時期に孵化して幼虫になり、地面に落ちて土の中にもぐります。

幼虫は土の中で木の根から汁を吸いながらゆっくりと5年ほどかけて成長します。

成長した幼虫は夏が来ると土の中から外にでて羽化し、そして成虫になるそうです。


カツラをJiheeの庭に植えたのは今年の4月です。それまでこのカツラは植木屋さんの農園にありました。

幼虫たちがこのカツラの根鉢の中で頑張って育ち、植木屋さんのトラックに載せられてJiheeに運ばれてきたときも、Jiheeの庭で植え付け作業をしたときも、根鉢の中でじっと耐え、ようやくこうして日の目を見ることができたのかと思うと、なんだか妙に感慨深いのでした。




Fantail garden 田中美紀さんのブログ

Jiheeで良く一緒にお仕事をさせてもらっているFantail garden 田中美紀さんのブログです。
薔薇や季節の草花を中心としたイングリッシュガーデンを提案されています。
ブログには美しい草花の写真がたくさん載っていて見ごたえたっぷりです。

 

0725-53-1514

© 2020 Jihee

〒594-1143 大阪府和泉市若樫町158-7